2019年05月21日

八女


八女のロマン.jpg




八女市は、お茶が有名で全国生産の4割を生産しているらしく、九州における伝統工芸産業の集積地ともなっており、伝統工芸品の総生産額でも九州では最大規模であり、土地としての条件もよく、第二次世界大戦中1943年(昭和18年)、政府企画院は、岡山県邑久郡行幸村(現在の岡山県瀬戸内市)中心地区、朝鮮京城府(現在の韓国ソウル特別市)周辺地区と並んで八女郡福島町中心地区を遷都の候補地とした。混乱の中での遷都案とはいえ、八女が「天災地変少なき土地」、「冬季寒気厳しからず夏季暑気甚しからざる土地」、「地形平潤にして高燥、風光明媚なる土地」、「諸物資豊富なる土地」といった条件をクリアする土地だと判断されるなど、八女地域の恵まれた自然条件を示すことをうかがえる。

上記⤴ みたいなまちですが、
ここのまちおこし?!というかお祭りというかみたいなことを
ある団体と、ここ半年くらいずっと企画・立案・設営としていまして。。。

やっと先日、その事業を開催し無事に終えることができました。

上の写真は、https://www.romanticyame.com/
八女市が作っているHPらしく、見るだけでついついこのまちに行きたくなるような
魅力のあるHPですが、実際にひともまちもよかった。


この半年の間に若い経営者たちをほぼほぼ知り合いになってしまった!!笑

正直に言ってはじめは、田舎だと思っておりましたが。。
(まあ、都会ではありませんが)
HPを見てわかるようにまちがなんとも味がある!

お茶もですが、(八女の中心地の)福島の街並みは昔城下町だったということもあるんでしょうが、
うまく生かしてたんだと思う。(いい感じでしたよ)
飲食もおいしかったですよ。

よーく知恵を絞ったんでしょうね
「きてもらいたい!感じてもらいたい!」
みたいなのが伝わったなぁ。。。
こういうことができているところは、不思議に何みてもすごいのが多いんですよね。

工場などの誘致もうまくやっているようで景気がいいような気がした。
仕事もかなりあるようでした。。。


でも、なによりひとが、
情熱ある熱い男が多かった。





3333題.jpg





八女の若い人たちがこのまちと子供たちの未来を見据え、将来に向け活気あるものにしたいという想いが私にも届きいつしか私自身も夢中になっていました。。



552題.png




最後の大会の時は勝手に涙が出てしまった。。


なんのことがいいたいのか 笑



18851.jpg





東区の香椎駅東で造成を始めました 笑
いい土地ですので探されてる方は是非お問い合わせお願いします!


家を建てるときは吉源工務店でお願いします!



いつも長い文をお読みいただきありがとうございます。
今後も頑張っていきますので応援よろしくお願いします。



posted by yoshirehome at 13:25| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント